協同乳業LKM512

一般的に非常にデリケートな菌として知られているビフィズス菌。

そんなビフィズス菌のサプリメントでありながら、生きて腸まで届くある意味かなり特殊な菌がLKM512です。

届く・とどまる・増えるが特徴のLKM512

メイトーブランドを持つ協同乳業が、豊富な研究を基に市場に投入しているのがLKM512。

矢継ぎ早に世界を舞台に人知れず論文が発表されている「知る人ぞ知る」ビフィズス菌です。

そんなLKM512ですが最大の特徴は、
「体内で酸によるダメージをほとんど受けず、高い接着性でとどまり、しかも増殖する」という点。

一般的にこういうプロバイオティクス(=生菌)の製品の事をよく知っている人であればあるほど、
「そんな夢のようなプロバイオティクスは、ほぼありえない。(=それは無知な人の幻想である)」
と即座に否定しそうな内容。

しかし。。
どうも、「事実として認めざるを得ない」ほどの研究が繰り返されてるんですよ、これが。



マーケットが抱く「プロバイオティクス製品の理想像」を、ひっそりと実現し、尚かつ存在証明を勝ち得てしまうのかっ!えるけーえむごーいちにっ!!

知的好奇心に抗えない人にこの上なく魅力

ビフィズス菌などのいわゆる善玉菌の製品について、基本的な知識がある方であるほどLKM512は「!」ってなってしまう求心力があります。

そうした意味では率直に言って「人を選ぶ」プロダクトなのかもしれません。

しかし、あえてこれを積極的に選択しなおかつ実感された方はかなり熱烈なファンとなっていくことでしょう。

プロダクトつまりビフィズス菌LKM512株そのものが、ファンを誘引しマーケットを少しづつ目立たず地味に拡大していく。
「本来そうあるべきであった」様に。

その有り様が、このプロダクトのファンの「体の中で起こっていること」と相似形を成しているのだとしたら?

そういうファンタジーを掻き立てられるのがLKM512の魅力です。

コメントは受け付けていません。