森下仁丹ビフィーナS

日本市場でのビフィズス菌サプリメントのスタンダード、ともいえる森下仁丹のビフィーナシリーズ。
そもそもビフィーナは何故これほど支持を集めたのでしょうか?

わかりやすい製品コンセプトとそれを実現する技術

「包んで守る」は創業120年の森下仁丹の十八番
ビフィーナのビフィズス菌はロンガム種JBL01株。

これを独自のシームレスカプセルで覆い、腸まで届けるのが二重構想のハイパープロテクトカプセル技術。

とにかく頑丈に守って届ける。

レアメタル回収や経口ワクチンにも応用されるシームレスカプセルテクノロジーの確かさから来る「安心感」が強み、です。

さらに、エンテロコッカスJEF01株、ラクトバチルスJLG01株の2つの乳酸菌を配合。

ここに善玉菌のえさとなるオリゴ糖を加えてパワーアップ。

さすがに発売開始から20年売れ続けているだけの事はあって、どういう商品なのか、が実に伝わりやすいです。

シリーズ中のベストセラーがビフィーナS

ビフィーナには複数の製品がありますが、一番人気があるのがビフィズス菌50億個に乳酸菌10億個が1包に入ったビフィーナS。

色んなタイプのニーズがありますから、それに合わせてシリーズを展開するというのは商売の王道なんですが、意外にもビフィズス菌のサプリメントという1ジャンルで複数の製品を開発している例は数えるほどしかなく、森下仁丹ビフィーナシリーズはその中でも国内でのシェアが非常に高いです。

その中でも最も内容の充実とコストのバランスが取れているのがビフィーナS。

森下仁丹さんのマーケティングの巧さを背景に、ある意味では「売れるべくして売れ続けている」ビフィズス菌サプリメント、と言えます。

↓コチラから↓


コメントは受け付けていません。